アクセスランキング

物理(大学1年生向) 予備校講師の参考書レビュー:理系の参考書選びに!

2007年08月24日

なるほど複素関数(評価5)

村上雅人著の「なるほど複素関数」は、ほんとうに「かゆいところに手が届く本」だ。

数学者ではなく、物理学者が書いているため、厳密さを多少犠牲にしても、「こんな感じ」という大づかみのイメージを与えてくれる。

初学者にとって、一番助かるのは、「大づかみのイメージ」なんだと思う。

その点、この本は、複素関数のツボを思いっきり押してくれる。

特に、「留数定理」の説明は秀逸!

留数定理がもっているイメージを、この本を読んではじめてつかめる人も多いのではないかと思う。

複素関数を学ぶすべての人におすすめの本です。



<参考リンク>
複素数超入門
スポンサードリンク
posted by tahara at 03:25 | TrackBack(0) | 物理(大学1年生向)
物理  ■化学  ■生物  ■地学  ■理科総合
物理(大学1年生向) その他の本